スポンサードリンク
   

多くの方がカウンセラー開業で成功しない理由


多くの方がカウンセラー開業で
成功しない理由として、何と言っても
「カウンセリングルーム開業」と
「ビジネス」を
別々に考えていることが挙げられるでしょう。



カウンセリングルームの開業をする時点で、
あなたは経営者になります。


となると、経営するための
ノウハウをしっかりと身に着け、
活かしていくことが必要になるのです。


多くのカウンセラーは、
特に臨床心理士に特に多いですが、
開業する際にこの経営を蔑ろにしてしまいがちです。

すると、必ず次のことを頭の中で復唱します。

「カウンセラーとしてしっかりと
能力とスキルがあれば、経営は成功するだろう」

つまり、カウンセリングの能力があれば、
クライエントがしっかりと来て、
カウンセリングルームの経営が
上手く行くという考え方をするのです。


これは簡単に言えば、
誰にも知られていないのに、
「おいしいラーメンを作れば絶対に儲かる」
と信じて店を出した主人と同じ発想です。



しかし、こんな経験ありませんか?

「あれ?あのおいしいラーメン屋さん
いつの間にかなくなっている。
そういやお客さんあまり見なかったしなあ。
おいしかったのに」


つまり、おいしいラーメン屋だろうと、
ビジネスモデルがなければつぶれてしまうのです。



カウンセリングルームも同じです。

カウンセラーの腕がよくても、
ビジネス展開ができなければ、
クライエントが来なくなってつぶれるのです。


しかし、多くの開業カウンセラーは
この辺りのことを無視してしまいがちです。

そして、一生懸命カウンセリング能力の
スキルアップに時間を費やします。

もちろんそれはとても大切なことですが、
それだけで儲かる開業カウンセラーに
なることは難しいでしょう。

まず成功はできません。

(病院や施設などの
雇われカウンセラーであれば、
それだけで十分です)


できれば、それと同時に
経営学やビジネスモデルの
勉強をしないといけません。


そこに気づくかどうかが、
開業カウンセラーとして
成功するかどうかの大きな境目なのです。


ちなみにベテランのカウンセラーが開業しても、
クライエントが来ずにすぐに経営が
破たんしてしまうことが多々ありますが、
これは上記のビジネスモデルが
蔑ろになっていることが非常に多いのです。



    スポンサードリンク
   

posted by たな at | ビジネスモデルの構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク