スポンサードリンク
   

産業カウンセラーで開業している人は結構多い


産業カウンセラーで
開業している人は大変多いです。

産業カウンセラーは実は
比較的取りやすいカウンセラー資格の一つで、
仕事の傍ら、土日を使って講座に参加したり、
また通信教育で講座の単位を取ることも可能です。


試験も筆記と面接をクリアすれば
晴れて取得することができます。

基本はビジネスマンとか、人事の方、
中間管理職の方がマネジメントを良くするために
取得することが多いのですが、
主婦の方や一般の方も取りに来られることは多いです。

そこから開業している人も結構おられます。


ただ、産業カウンセラーの場合、
「産業方面に特化したカウンセラー資格」ということで、
結構経験できる場が限られてしまうという弱点があります。


病院や福祉施設、学校で働くことは結構難しいです。

つまり、開業のための経験が結構得られにくいのです。


ただし、
病院でも産業メンタルヘルスに特化した心療内科や、
最近では従業員支援プログラム(EAP)など
産業でカウンセラーが重宝される現場が増えているため、
そちらで働ける場合があります。

(ただ、多くの場合、
企業での勤務経験が条件のところが多く、
企業経験のない方は難しいことが多いです)


そこで経験を積めば、自身が
「産業メンタルヘルスに特化したカウンセラー」
として、強みを出してくことができ、
それを開業の際のアピールポイントに
していくこともできるのではないかと思います。


まあ、そこまでは行かないとしても、
産業カウンセラー自体が結構メジャーな資格なので、
信頼性も高く、開業するために取っておいて
損がない資格の一つだといえます。


    スポンサードリンク
   

posted by たな at | カウンセラーの資格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク