スポンサードリンク
   

カウンセリングルーム経営に必要な費用


カウンセリングルームの開業は簡単です。

しかし、経営となると話は別です。


経営を維持するためには、
維持できるだけの収入を得ないといけません。



例えばルーム代が6万とします。

それから光熱費が月1万程度。

そしてネット代などの維持費が2万円。

だいたいこれだけで9万円です。

となると、月9万が経営の維持に
必要な費用ということになります。



そしてあなた自身の生活費となると、
大体40万〜50万。


となると、カウンセリングルームを維持するためには
最低50万〜60万円ほどを稼がないと
いけないということになります。


ただ、これだけだとトントンになってしまうため、
もうプラスして10万ほど儲けたいところです。

これくらいあれば、普通の生活を
維持しつつ経営することは可能です。


さて、となると
「カウンセリングで月70万を
稼ぎ出すことはできるのかどうか」
ということですが、
結論を言えば、まあ難しいです。

なので、多くの方は副業として
カウンセリングルームを
経営していることがほとんですし、

開業している方も
別に副業を持っていて、
それで利益を得ていることが多いです。


カウンセリングの料金を
一人8千円くらいにすると、
70万儲けようと思えば、
月に90件の家運セリグが必要となります。

週2回休むとして、20日だと
一日4〜5件のカウンセリングをしないといけません。


まあ、無理です。

プロのカウンセラーでも
時々一日6〜7件入ることはあるのですが、
一般には3件入れば十分な感じです。


なので、もし開業を考えている人は、
ルームを経営していくための
必要諸経費がどれくらい入るかを考えないといけません。


その上で副業としてするのか、
本業として開業するのかを考えていくことが必要でしょう。




    スポンサードリンク
   

posted by たな at | カウンセラー開業の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク